クレジットカードのショッピング枠を現金化した際の換金率について

やめてやる不動産査定 > 現金化 > クレジットカードのショッピング枠を現金化した際の換金率について

クレジットカードのショッピング枠を現金化した際の換金率について

2017年1月19日(木曜日) テーマ:現金化

クレジットカードを所有している方のなかには、ショッピング枠を利用して現金を手に入れたいとお考えになる方も多く居られます。
これはクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化と云われる方法であり、すぐに現金を用立てしたいとお考えになられる方に人気のある現金入手方法となっています。
現金化の方法としてはいくつかの方法があり、法律上は問題が無いとされています。
しかしカード会社にとっては不都合が多く、カードの規約にて厳格に禁止を謳っている会社も多くあります。
そのようなクレジットカードの現金化ですが実際に行った場合はどれほどの換金率になるのかを説明させていただきます。
方法によって換金率に違いがあるのですが、今回は最も多くの方が利用される業者を利用した場合を説明させていただきます。
日本全国にはサービスを提供している業者が大変多く存在しています。
多くの業者のサービス内容をインターネットを利用してホームページなどで確認してみると、70パーセントから90パーセントの間で取引がされているのが多くみられます。
取引する金額や振り込みがなされるスピードによってパーセンテージに違いがあり、好条件の場合は90パーセント以上での取引を提案している業者もあります。
この換金率については、実は業者によって記載方法が異なっているという点があります。
実際はどの業者で取引をしても70パーセント後半から80パーセント前半での取引となることが多くあります。
これには訳があり、カードを利用する際に会社に支払う手数料や消費税といった手数料が加算された率で提案している業者と加算しないで率を提案している業者の2通りがあるからです。
実際に手数料はかかるものであり、どれだけ好条件の割合で率を提案している業者があったとしても、最終的には80パーセント前後にならざるを得ないシステムとなっているからです。

現金化参考サイト⇒ビックギフト口コミ